5plus2and2

カテゴリ:コンサート( 1 )

イングリット・フジコ・ヘミング

去年ローソンチケットでイングリット・フジコ・ヘミング&ベラルーシ国立交響楽団の抽選に当選しs席2枚ゲットしたのでクラシック好きな主人と14日の土曜日に行ってきました。
(あ、抽選と言ってもチケット購入権ってな感じのものかな?)

2部構成式で第1部はベラルーシ国立交響楽団による演奏でそのあとフジコさん登場。
そして退席されて第2部始まり、楽団による演奏で終了

私のメインはフジコさんだっただけになんだかあという間に終了した感じで少々残念。

でも、こんなにまじかで生の楽器の音を聞く事が出来て感動しました。
主人はもうご満悦w

私が彼女のファンになったのはたった1曲の演奏の迫力から。
彼女のCD「the piano works」の4番目に収録されているポロネーズ第6番 英雄を聞いたからでした。

どのピアニストにもない力強さと迫力。
いろんなポロネーズを聴き比べたけど、彼女以上のパワーは感じられませんでした。

あいにく今回プログラムでもアンコールでもこの曲を聴くことはできませんでしたが、ラ・カンパネラを生で聴く事が出来たので大満足です。

フジコさん特有ファッションも観る事が出来たし、久しぶりに幸福感を味わいました。

12月にソロ・リサイタルがあるんですが、行きたいなぁ。
by 5plus1and2 | 2012-04-18 10:52 | コンサート | Comments(0)