5plus2and2

カテゴリ:もも( 40 )

もんちゃん、5歳のお誕生日

生後40日で我が家の一員になった桃も、この8月で5歳になりました。
来た初めはおてんば娘でしたがお散歩の引っ張り癖以外は躾も入りやすいとてもお利口さんでした。

お座りもお手もちんちんも伏せも待ても特に苦労なく何度目かでさらりと覚えるなんて天才かと勘違いするくらいでした。

「ごはんよ~」の一言だけで猛烈に興奮して部屋中をダッシュしたり、くるくる回ってみたり。
「ラブちゃんは今は大変だけど4歳くらいになるとコロッと変わったようにおとなしくなるけぇ、もうちょっと我慢しんさいよ」なんて知らない人に言われたものでした。

「ひえぇ~あと4年も待たんといけんのん???」と先が不安だったあの頃が懐かしい~

4歳になったからか、我が家に猛獣やんちゃ坊主4男カイザーがやって来たからかは不明ですが一気に老け込んだおとなしくなった桃。
気のせいか下顎に白髪が・・・・・・・・

今年の年初めには肥満細胞腫で一時は死も覚悟しましたが、その後再発もなく元気に過ごせています。

桃のお誕生日には決まってごはんに大好きな魚を与えてきました。
1歳の時は1匹の鯵、それから一年に一匹ずつ加算され、今年も5匹の鯵をやるつもりでしたがスーパーには4匹しかなく、仕方がないので追加で2匹のサヨリを購入してカイザーとシェアすることにしました。

c0246198_1446441.jpg

c0246198_14521061.jpg

帽子も撮影も嫌いなので一気に無になる桃(爆)
何が何だかわからないけど、ごちそうに驚くカイザー。

30秒で完食!!
ご馳走様でした。

ps:実家の被害ですが中くらいかな?
  腰が痛いという母、じっとしていられないのかずっと作業をして父とけんかをするという繰り返しだそうで。
  昨夜「ようやくきれいになった」と報告を受けました。
  被害が甚大だった場所のことを思うと、まだ住まいがあるのは幸せなんだと思う一方、自分が住み慣れた  家が土砂まみれになっているのを見るのはつらい。

  砂防ダムの80%が土砂や流木でいっぱいだそうで、次に同じ規模の大雨が降るとダムを超えてあふれる  のではないかと不安です。
by 5plus1and2 | 2014-08-31 15:10 | もも | Comments(4)

病理検査結果

抜糸の際病理結果報告がありました。
診断は肥満細胞腫 グレード2でした。
ただ腫瘍の脈管浸潤像は認められず、サージカルマージンは明瞭とのこと。
要は怪しいものはすべて取り除かれていますよ、と言う事。
リンパ検査でも転移はなさそうでしたのでグレード1でもいいんじゃないかなぁ?と言う事でした。

この時点では2つ目のしこりを来週中にも取り除いて遺伝子検査に回すか、病理検査に回すかいろいろ話し合っていたのですが、穿刺検査をしてみたところ肥満細胞腫らしいものが見つからなかったので、その場で局所麻酔でしこりの周辺をぐるりと取りにぞいてもらってそれを検査に出すことになりました。

しこりを見せてもらったのですが白っぽい脂肪らしきものがくっついていたので脂肪腫かね~と言うところです。
検査結果は10日後です。

素敵な毛並みが自慢のもんちゃんは左側に2つのはげが出来てしまい、散歩はしてもいいとは言われたものの人目も気になるし知人を介してオーダーで犬用の服を作ってもらう事にしました。
それが出来上がるまでお店にあった大きいワンちゃん用のガーリーなお洋服を着てもらって傷口を引っかいたりなめたりしないように防止します。

c0246198_1539321.jpg

かわいい~~、と大評判のお洋服。
このまま2つ目のしこりが何でもありませんように☆
by 5plus1and2 | 2014-02-13 15:47 | もも | Comments(0)

病理検査結果

術後一週間たった水曜日、やはり先生より電話がありました。

今回の病理検査の結果やはり肥満細胞腫であった事。
2つ目のしこりはやはり手術で取り除くべきだと言う事。
リンパで飛んでいないか、内臓に飛んでいないかを今後定期的に見ていくと言う事。
とりあえず抜糸の日に超音波、レントゲンで検査しますと言う事。
また、今回取り除いた細胞腫はグレードは3のうち2でした。
検査をしてからでないと判断できないが、ステージ1では?(断言はできません)と言う事でした。

詳しくは抜糸の時にいろいろ説明があると思うのでまた改めて書き込めたらと思います。

淡々と書きましたが心はもやがかかっています。
仕方がないと分かっていても、自分に言い聞かせても文章にすると涙が出ます。
だめですねぇ。
実生活ではなるべく桃には涙を見せないよう、そしてあくまでも普通に、その裏で超甘々にしています。
(文章支離滅裂~爆)


手術はきっと来週になると思います。

誠実で素敵な先生なのでお任せすることにしました。


神様、4歳のこの子はなーんも悪いことしません、すっごくいい子です。
我が家にとって大切な家族の一員です。
この間も長男が具合が悪くて一日中寝込んだ時もずっとそばで看病して動きませんでした。
優しい優しいレディーです。
だから虹の橋を渡らせないでください。
どうか、どうかどうか、お願いを聞いてください・・・・・
by 5plus1and2 | 2014-02-07 20:56 | もも | Comments(0)

皮下腫瘤手術

1月29日、手術予約日だったので時間通り桃を病院に連れて行きました。
前週よりしこりがなんだか小っちゃくなっているような気がして(←往生際がとっても悪い)先生に「なんだか小っちゃくなってる気がして」と伝えると「じゃぁ、様子を見て別の日にしてみてもいいですよ」とのことだったのですが、じゃぁ来たついでに細胞を穿刺して顕微鏡見てみようっか、と言う事になりお願いしました。

が・・・・・顕微鏡に映ったのは先生から見てあまりよくない細胞で「うーん、やっぱり切っちゃいましょう、今日」と。
病理検査に出してみないと分からないけれど「肥満細胞腫の疑い」とのことでした。
桃の皮下にできた腫瘤は本当に米粒ほどの大きさで5~6㎜なのに、根っこの部分を確実に切除しないと再手術になると本人も負担がかかるからと言う事でおおよそ10㎝開くことになりました。

悪性の場合抗がん剤云々かんぬんから先生の言葉は耳に入らなくなり涙があふれるばかりでした。
麻酔前の血液検査で異常がなかったので桃を預け、私はいったん自宅待機となりました。

ネットでこの病気について調べれば調べるほど不安は煽られもう検索するのをやめました。

「kazuが泣く事じゃない。辛いのは桃自信。桃の病気を甘んじて受けとめてやるしかない」と主人に叱られ、それでも涙が止まることはありませんでした。
夕方病院に桃を迎えに行ったときいつも通りの元気な姿に救われた気がしました。
主人にも顕微鏡の細胞を見てもらおうとしたのですが、私が見た時のあのにっくき姿の細胞がいくら探しても見えません。
「これくらい、探しても探してもなかなか見えにくいほど症状は危機的じゃないって事ですよ」と高ぶる気持ちを抑えようとして下さる先生の言葉に一安心して帰ることになりました。

毛を剃られ、生々しく残る傷跡を見て痛がる様子も見せない桃を本当に尊敬します。
1週間後に出る病理検査結果で「なんでもなかったですよ~」の一言が聞けますように!!!とただただひたすら祈りました。

しかし・・・・・傷跡から18㎝後方にもう一つのかなり小さいしこりが有るのを発見してしまいました。
翌日先生に電話すると「とにかく病理検査を待ってからでも遅くはないから」とのことだったのでもうそのしこりについて気をもむのはやめようと思いました。

抜糸は来月8日以降となりました。
その前に先生から電話があればいい電話じゃなかったと言う事、電話が無ければそのまま抜糸と言う事になります。
by 5plus1and2 | 2014-01-31 10:05 | もも | Comments(0)

あちゃ~

12月下旬に主人が桃を触っていた時「このしこりみたいなん、何かの?」と言うので私も触ってみたところ左側の足根元付近に小さな米粒ほどのしこりを発見。

1月に混合ワクチンを打ちに行くのでその時に相談してみるよと言い、先週行ってきました。
獣医さんに相談してみると5~6㎜位だけどこの時点では何とも言えないと。
これが大きくなったり、あちこちに散らばり出したらまた来てくださいと言われ、その日は帰ったのですが、それから1週間後やっぱり確実に大きくなっている。1㎝はある。

私も触るたびに心配なので再び見てもらいに行きました。
先生も「先週よりは確実に大きくなってるし、これ以上大きくなれば、またそれだけ傷も大きくなっちゃうし切っちゃおうか。切った後に明らかにおかしいなと思えば病理検査にも出します」と言う事で手術と相成りました。
麻酔前の注意事項に書いてある手術の理由欄には「皮下腫瘤切除」とありました。
ネットで検索したところ避妊手術をしていない雌犬の50%にできるというデータ-を発見。
当の桃は元気はつらつで食欲も旺盛。

本当に、これだけの事で切ってしまってもよいものなのか悩みました。
でも、桃にはいつまでも元気でいてほしいので自分を納得させることにしました。

手術は来週水曜日。
あぁ胸が張り裂けそう。
by 5plus1and2 | 2014-01-24 15:40 | もも | Comments(0)

つき1お薬

8月の頭、桃の月に一度のフィラリアのお薬の日。
マテ、と言うとひたすらによだれを流し待っているあたり、彼女はこれが非常においしいおやつだと勘違いしていることは間違いなく・・・・

「今日はぼくがやる~」と名乗り出たのが末っ子ken。
c0246198_10331898.jpg


マテ、伏せ、おかわり、ちんちん、その後両手隠しの「さて、どっちの手の中にあるでしょうかぁ~~」と延々と続くパフォーマンス。
c0246198_10354287.jpg


こんなに長い時間じらされても怒らない、非常に穏やかな桃です。

そんな桃へのさらなる意地悪が・・・・
c0246198_10364983.jpg


「おばあさんのお口はどうしてそんなに大きいの?」
「おばあさんのおみみはどうしてそんなに垂れてるの?」
と赤ずきんちゃんショー。

過酷な歯磨きから始まり、爪も切られ、おててとあんよのパット周りの毛もバリカンで剃られ、挙句の果てに肛門絞り。

それなのにこの扱い、ちょっとかわいそうかな~(笑)

みんなに愛されている桃でした♥
by 5plus1and2 | 2013-08-23 10:41 | もも | Comments(2)

さびしんぼう

c0246198_1713893.jpg


この頃お散歩の帰りに川岸に降りてノーリードでてくてく歩いています。
(ただし、誰もいないことを確認して。)
c0246198_17133729.jpg
c0246198_17133665.jpg
c0246198_17135926.jpg


だーれもいないんだからのびのび歩けばいいのに、常に誰かの気配がないと寂しくて寂しくて仕方が無いようです。
この時も一緒に歩くふりして私だけいったん停止。
安心してしばらく歩いていたけれどふと私がそばにいないので!!ってな感じで後ろを振り返る。
「もう!!一人にせんといてや~!!」とでもいうように私のところに近寄ってきます。

まぁ、こうやっていじわるする私が悪いんですが(反省)

暑い夏がやってきました。
あっという間に。
お散歩の時間をまた考えなければいけませんね。
by 5plus1and2 | 2013-07-12 17:15 | もも | Comments(2)

新しい芸

ただ今3歳の桃。
これまでにマテ、おすわり、伏せ、座りながら両手を私の腕に添える、を覚えてきたのですが、新しい芸を仕込むことにしました。

それは、鼻の上におやつを置いてしばらくマテをさせるというもの。
よし、の合図でおやつゲットです。

初めの何回かは失敗続き。
と言うより、敏感な鼻の上に食べ物を置くなど到底できませんでした。
どうしても動いておやつが落ちちゃって…

その内、マズルを片方の手で優しくつかんで、片方の手でおやつを置き、目をじーっと見つめて「マテよ、マテだからね。」と言いながらそーっとマズルの方の手を放す。

そうすると微動だにせずちゃんとマテをすることに成功。
(目だけはきょろきょろしていますが  笑)

今ではきゅうりでも、キャベツの芯でもある程度の食べ物なら置く事が出来るようになりました。

ただ・・・・「よし」の合図とともに派手に頭を動かして一発でお口の中にちゃんと入った事は2回くらいしかなく、たいていどこかへ飛んで行ってしまいます(爆)

暫くの課題ですね、もんちゃん。
c0246198_10311068.jpg

この日のおやつは大好きなベビーカワハギ。

待っている間も独特のにおいでよだれがたらりん~
by 5plus1and2 | 2013-05-26 10:34 | もも | Comments(0)

朝のごあいさつ

今日の朝さんぽは実に寒かった~~
風がびゅんびゅん吹いて、歩いても歩いても体があったかくならなくてついには手がかじかんできちゃった。

手袋忘れたぁ~

とはいってもいつも通りいちゃついてお散歩。(笑)

去年までは舗装されていなかった川沿いの歩道が整備されて歩きやすくなったけど、夏の事を思うとワンちゃんたちには過酷かなぁ。
なかなか土の場所が無いのであんよも熱かろうに…

そんな舗装された場所でパシャり。
c0246198_11144082.jpg

ちょっと驚きなのが、まぁ土だけの時はそれ相応にワンちゃんの糞があちこちに放置してあって、夏の暗い朝のお散歩時にはよけるのが困難で困っていたのですが、舗装後もそれはなくならず多少減っただけ。

ちゃんとしようよ、愛犬家と言うならさ。

ちょっと腹立ちまみれで歩いていくと、前方にトイプードルちゃん発見。
飼い主さんも気さくな方でふれあってもよさそうなのでごあいさつ。

6歳半のオスのニコちゃん。
最初はよかったけれどその内桃がしつこかったのか、うなられ、吠えられる(笑)

ちゃんとワンちゃん社会のマナーを学ぶいい機会です。

桃がいると、それだけで見知らぬ人とお話しする事が出来ます。
犬がつなぐふれあい、大切にしたいものです。
by 5plus1and2 | 2013-04-19 11:30 | もも | Comments(0)

朝さんぽ

やだなぁ、朝からお空の雲が分厚いなぁ・・・・
今にも雨が降りそう。
午後からは行けそうにない予感がして、大急ぎで日焼け対策を入念にしてお散歩にレッツラゴー~
c0246198_8551429.jpg

いい笑顔だねぇ~。期待に胸ふくらませるって感じかい?
あっ、でもオネエすわりだね・・・・

いつものお散歩コースをゆっくりゆっくり。
本当に嬉しかったのかおさんぽ中ずっと満面の笑みでのアイコンタクト。

「おかあさん~、おさんぽ楽しいねぇ」
「もんちゃん、良かったねぇ。いい子だねぇ」

こんなことを延々繰り返すおさんぽは、周囲から見ると「??」かもしれませんが飼い主の私としては実に幸せの時間です。

ちょっと広い場所まで来たので、あたりに人とワンちゃんがいないことを確認してリードを外していざボール遊び!!
c0246198_904528.jpg

c0246198_905986.jpg

c0246198_912147.jpg

そうやって何度か繰り返すうち体力消耗(←もちろん桃が)
ボールを取りに行くのも、返ってくるのもダッシュから歩みののろい四足歩行(爆)
c0246198_931417.jpg


ボール投げが下手なので、何度か川の方へ落ちそうになったけど、まぁもし落ちたとしてもざっぶーんと飛び込んで取って来るような気がするんだけどね・・・

しあわせなひと時でした。
by 5plus1and2 | 2013-04-18 09:08 | もも | Comments(2)